株式会社キリウ

沿革

1906年(明治39年) 創業 織物準備機械の製造販売を開始
1913年(大正2年) 鋳造製品製造開始
1937年(昭和12年) 工作機械製造販売開始
1960年(昭和35年) プリンス自動車工業株式会社へ自動車用部品の製造販売を開始
1961年(昭和36年) 東京証券取引所市場第二部上場
1962年(昭和37年) 本社、工作機械工場を群馬県桐生市に設置
1966年(昭和41年) 日産自動車㈱が当社株式の50.1%を取得(昭和42年から日産に製品納入開始)
1968年(昭和43年) 栃木県足利市に自動車部品工場を建設
1973年(昭和48年) 山形県に子会社「奥羽自動車部品工業株式会社」(現・株式会社キリウ山形)設立
1989年(平成元年) 日産品質管理賞受賞
1991年(平成3年) 足利工場内に機械加工第4工場建設
1993年(平成5年) 大分県院内町に子会社「株式会社キリュウ大分」設立
1998年(平成10年) インドネシアに合弁子会社キリウ ブディプリマ インドネシア(現・「キリウ インドネシア」)設立
1999年(平成11年) TPM優秀賞第1類受賞
2001年(平成13年) 3月「株式会社キリュウ大分」閉鎖
7月工作機械部門を分社化し「株式会社キリウテクノ」設立
7月北米生産拠点「キリウUSA」設立
10月「桐生機械株式会社」から「株式会社キリウ」へ社名変更
12月MBOにより日産系列から独立
2002年(平成14年) 4月東京証券取引所市場第二部上場廃止
2003年(平成15年) 11月「株式会社キリウテクノ」桐生市から伊勢埼市へ移転
2004年(平成16年) 4月中国生産拠点「六和桐生機械有限公司」設立(台湾六和機械との合弁)
7月住友商事(株)が当社株式を取得し子会社化
2005年(平成17年) 10月本店を栃木県足利市に移転
12月韓国生産拠点「KIRIU SAMICK」 設立(韓国 SAMICK LMS との合弁)
2006年(平成18年) 1月タイ生産拠点「KIRIU THAILAND CO., LTD.」設立
1月メキシコ生産拠点「KIRIU MEXICANA S.A. DE C.V.」設立
2007年(平成19年) 12月インド生産拠点「Munjal Kiriu Industries Pvt. Limited」設立(インド Hero Motors Limited との合弁)
2008年(平成20年) 1月大分県宇佐市に「株式会社キリウ大分」設立
2011年(平成23年) 2月インド生産拠点「Munjal Kiriu Industries Pvt. Limited」への出資比率を高め連結子会社化
2012年(平成24年) 1月中国新工作機械会社「桐生一林汽車部件設備(煙台)有限公司」設立
4月中国生産拠点「富士和機械工業(湖北)有限公司」に資本参加
2015年(平成27年) 9月中国工作機械「桐生一林汽車部件設備(煙台)有限公司」より、「桐生機械(煙台)有限公司」に改組
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る